女王様の飛び地

 
 

中国のメンツが判らない

  1. 23:18:24
明日の長野の聖火リレーを前に、長野がスゴイことになっている。
厳戒態勢だとさ。機動隊も出ているってね。
中国政府の非人道的な行為に抗議する人達も全国から集まるそうだ。また大勢の中国人留学生や、スタンガンやナイフを持った中国人が集結するそうだ。
加えて、善光寺や長野駅の放火予告もあったそうだし、少なくとも平和の内には終わりそうに無い。
ケチが付きぱなしだな、中国政府は。


そもそも会場が刑務所跡地で、空き地に白テント。
しかも点火式の場所は、青空天井。
(明日の長野は雨予報だから、雨空天井)
オマーンの生中継なんか見ていたから、すっごくしょぼく感じる(笑)
いいのかそれで?
メンツに拘る中国に取っては、侮辱になるんじゃないか?

その癖、911で倒壊したワールドトレードセンターの廃材(平たく言って鉄骨)で、北京オリンピックのメイン会場こと、鳥の巣を作っているのも理解出来ない。
30年ローン、年間維持費4千万〜5千万元(約5億8千万〜7億2500万円)。
本当に鳥が住んでいて掃除が大変で、しかももう雨漏りしてます。
完成と言ってマスコミに向けて公開しましたが、実はまだ完成していません。って奴ね。

縁起が悪いってのは、無いのだろうな。
メンツとしても、余り良いとは思えないが。

更に、北京のマラソンコース。
そのコースに面した外壁だけ、ぺンキを塗ったそうだ。
それが、「面子(メンツ)プロジェクト」
報道ステーションで松岡修造氏が、こう言っていた。
「テレビで放映して、絵になるような景色を走らせるためのコースで選手のことを全く考えていませんね」
大気汚染問題もあるし、コースとしてのコンディションも悪いそうだし、どうなることやら。


取り合えず、明日は早起きだな。

 
 
 
   
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
 
 
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://queenyouka.dtiblog.com/tb.php/145-3f5201a4
 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
明日来るのか
明日来るのか
ホームへ
ホーム
長野が… 赤い!!
長野が… 赤い!!

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved