女王様の飛び地

 
 

夏越大祓で思いっきり祓われた

  1. 19:19:36
今日は6月30日、夏越大祓の日だ。でもって水無月を食べる日だ。
Aスクエア方面へ行く用事もあったので、夏越大祓をやっている伊砂砂神社へも寄ってみることにした。

伊砂砂神社
祭神は、伊邪那岐命、素盞鳴命、寒川比古命、寒川比女命、石長比賣命
(伊邪那岐命、寒川比古命、寒川比女命の頭の1文字を取って、「いささ」なんだと)←素盞鳴命、石長比賣命も入れてやれよ
20120630-伊砂砂神社
伊砂砂神社の説明
20120630-伊砂砂神社 説明

ネットで検索したが、やることは確かなんだが、何処も時間が載っていない。
ウチは代々「神社仏閣・墓場は午後3時まで」と決まっている。見える方の家系の厳命だから仕方無い。
※特別な行事は除く

「大体、神事って午前10時か午後1時、午後3時だよな」と言う勝手な推測で、午後2時頃に到着予定で出発した。

着いた。
あり?
人の気配が…無い。
掃除している人に聞いたら4時からなんだと。

…4時だと!?
茅の輪をくぐってから買い物、他をする予定だったが仕方無い。
そちらを先にすることにした。

でもその前に、人がいないので茅の輪の写真を撮っておく。
20120630-伊砂砂神社の茅の輪

用事を済ませ、「もうそろそろ4時だから行かないと…」と思い、アヤハDIOを出ると…
雨!!
おーまいがーっ!!

それでも再び伊砂砂神社へ向かった。

ずぶ濡れになって神社に着くと、もう始まっていた。
人は…
雨の所為なのか、100人もいなかったよなって感じ。但し、小学生よりも下の小さな子供を連れた若い母親が多かった。

茅の輪は本来、左右左と回るのだが、そんなに境内が広くもなく、かつ、人が列を成しているので、みんなほぼ右右右(笑) 多分みんな気にしていない。傘を差したまま、茅の輪もくぐっているし。
でもそこはきっちり拘る優香さん。せめて2〜3歩はと、中心線から左右左をきっちりキープした。

そして3回茅の輪をくぐると神主直々に、紙で出来たヒトガタをいただいた。←水に溶ける紙だから濡らさないように、と。
20120630-伊砂砂神社の人形

それから本殿にお参りをした後、そのヒトガタを伊砂砂川に流すわけなんだが…
待て待て、みんな。ヒトガタに息を吹きかけんでどーする?
息を吹きかけることで、体内の穢れをヒトガタに持っていかせて祓うわけで。←オカルトの基本どす←もとい、ヒトガタを遣う時の基本どす

で、ここから伊砂砂川に流したのでした。
20120630-ここで伊砂砂川に流す
どーでもいいが、伊砂砂川は琵琶湖に流れ込み、その後、瀬田川から淀川になって、一部大阪の水道水となります。

神主が「神事が始まると雨が降って、終わると止んで… 逆だったら良かったのに」と氏子の人と話していた。
だが個人的には、
「むしろ、雨で思いっきり祓われた」と思った。

  川に流す≒水で流す≒雨で流す  だしな

そしてこの神社は以前、天大将軍社と呼ばれ、雨乞いの神として祀られていたそうだから、実力を見せられた感ありあり(笑)


で、帰りに立木神社の隣の和菓子屋で、水無月などなどを買って帰りましたとさ。
シャワーを浴びて、お茶と一緒にうまうま

 
 
 
 

びわの種を焼酎に漬けてみた

  1. 23:39:47
 
 
 
 

今年もびわジャムを作ってみた、が…

  1. 20:50:55
毎年恒例のびわジャム作り。今年も作ることにした。
で、採ってきたびわ。
20120628-びわを採ってきた
少ねーーーーっ!!
しかも大きくないし、綺麗な実が殆どないっ!!

そもそも今年は、寒くて虫が少なかったらしく、実を結んだのもの自体が少なかった。
更に、これからって時に台風4号が来やがった。実自体は殆ど落ちなかったが、傷付いたらしく、痛んでいる実がほとんど。←つまり使えない

それで今年は、このボール1杯で終了。\(^o^)/オワタ

今年のデータはと言うと
実の総量  900g
 果肉部    680g
 種+皮    320g

使った砂糖 350g

皮むきも1時間以内に終わるし、当然煮る時間も少ないし、指先もほとんど染まってない…
毎年、kgでジャムを作っているのに… orz

なのでこれだけになりましたとさ。
20120628-びわジャムを瓶に詰めてみた
あかん、来年まで持たん…


◆びわジャムを作る(レシピあり)
◆びわジャムを作る(補足)
◆びわ ビワ 枇杷 ジャム(更に補足)
◆びわの種酒(ジャムの残りの種で作る、レシピあり)
◆ジャムの保存のコツ
◆びわについての予備&不要知識
◆庭で採れたびわでジャムを作る時の注意?
◆果汁たっぷりのびわでのジャムの作り方
◆かもされた〜 カビの生えたジャムの対処方法
◆今年もびわジャムを作った(ちょっとしたコツあり)
◆当然、今年も作っています。びわジャム

 
 
 
 

コーレーグスを作っている

  1. 22:05:50
今、コーレーグスを作っている。
コーレーグスとは、沖縄の調味料である。ちょいと辛い液体で、沖縄そばの薬味としてかかせない物であり、好みによってはチャンプルーなどにもかけるシロモノだ。


実はこれを作っているのには、ちょっとしたワケがある。

幾ら寒いとは言え、6月ももう終わり。そんな時期なので、葉物野菜やニンジンにアブラムシが。ビニールを被せていたのに、入っていやがった。
リーフレタスなんかはそのままナマで食べるから、極力農薬は避けたい。
そこでなんかないかと調べていたら、唐辛子焼酎なるもので、アブラムシを撃退できるとのこと。その作り方を見るとだな…
焼酎200ccに唐辛子を10〜20本入れて、10日程度放置。カプサイシンなどが解け出たもの20ccを水500ccにぶち込んで、スプレーすると言うもの。

「…あり? これって、コーレーグスの作り方とほぼおんなじじゃね?」
と言うことに気が付いた。ハバネロの使い道で色々検索していた時に知ったんだがな(笑)

使うのが島唐辛子+泡盛か、唐辛子+焼酎か、その後、料理にかけるか、薄めてスプレーするかの違いだけ。
実は分量も焼酎200ccに島唐辛子を10本なので、同じと言ってもいいだろう。

「…ってことは、家庭菜園用のボトルなんかで作るより、食用のコーレーグスとして作っておけば、ダブルで使えるじゃないか!! どっちかがアウトでも、潰しが利くじゃないか!!」

つーことで、コーレーグスを作ることになりましたとさ。
家に唐辛子も寝ていたことだし(笑)
20120627-コーレーグス

味&効果の程は、出来てから…

 
 
 
 

自然いわく「やっぱり寒い」

  1. 22:35:01
プランターを見るとだな…
なんか芽が出ているんですけど?
20120626-ほうれん草の芽
うんうん。
この先っちょにまだ着いている鉄腕アトムのような種の殻は、ほうれん草だね。

…ってちょっと待て!!
ほうれん草の発芽温度は、最適発芽温度は、15〜20℃。25℃以上では、発芽率は低下する。
しかも嫌光性。
そんなちょい寒いの暗いのが好きなヤツが、この時期に芽を出しているんですけど?

ここのところちょっと寒かったからなぁ…
本当に、夏は猛暑になるんだろうか???

取り合えず、プランターから植木鉢に移植。
一応来月は7月なので、地植えだと暑さと気温に耐えられないだろうことを考慮し、室内での栽培にするべく、鉢植えにしておいた。
育ってくれるとおねーさんは嬉しい。

 
 
 
 

今年の夏は暑くなるらしい?

  1. 22:58:37
今年の西日本は暑くなるらしいと、気象庁が発表した。
「何故、西日本限定?」とか考えては、きっといけないのだろうな。
原発問題とか、原子力ムラとか、原発利権とかがあるのかもな。…とかも考えてはいけないのだろうな。

そんな今年は、去年よりも寒いんですけど?
自然は正直ですぜ?
さつまいもが全然大きくなりませんぜ?
去年なら、延びた蔓を切って増やして、今頃は12本にしていたのに、今年はまず2本枯れて、3本のまま。蔓なんて切って増やすなんて持っての他!! …ってなくらいの勢いしかありませんぜ。つーか、そもそも葉がデカくないっ!!
(で、3本では心元ないので、つい鳴門金時を10本買ってきた。それでも2本枯れたけどな) ←前にも書いたが、そもそも今年の苗は寒さで育っていなくて、小さい

でも万が一、当たると嫌なので、ゴーヤは勿論、つる性のマメ科のヤツラにまで肥料をたっぷりやっておいたぜ(笑) これでわさわさだ〜っ!
※グリーンカーテンにする為には、葉をわさわさにする為、葉が育つような肥料(窒素多め)をやっておくがよろし。←実の収穫に重きを置くか、わさわさに重きを置くかで、与える肥料は違うのじゃよ

 
 
 
 

うちのすごいどら

  1. 23:57:18
うちにはドラゴンがいる。
ドラゴンと言っても在庫でも爬虫類でもなくて、ドラゴンフルーツと言う奴だ。
ピタヤとも呼ばれる植物で、最近は平和堂でもこの実が売られていたりする。1個398円だったかな?

そんなどらを、去年の8月19日にAスクエアのセリアで買った。これがその日の写真。
20110819-ドラゴンフルーツを買ってしまった


順調に育っていくかと思われた。
しかしなんか悪くなってきたが、生命力は大したもので、去年の12月1日にはこんな状態に!! 凄いぞ!!
20111201-悪くなってきたドラゴンフルーツに…

そこでこのままでは上の生えてきた部分まで悪化する懸念があったので、悪い部分と育ってきた良い部分とを分断してみた。
20111201-ドラゴンフルーツを切り離してみた
それでこのまま育てることにした。


月日は流れ、本日のあの悪くなったドラゴンフルーツ。
実はまだ処分をしていなかった。角度を変えて見ると…(右)
20120624-あの悪くなったドラゴンフルーツに!!20120624-角度を変えて見ると…

更にクローズアップしてみると…
20120624-なんとちっちゃな芽が出ている!!
なんかちっちゃいのがいる!!
おおっ、頑張って育ってくれ。

さて、切り離した方の良い部分はと言うと…
20120624-切り離した方のドラゴンフルーツ
これはこれで育ってきていたり。


でもどれも大本よりは小さい。
多肉植物に肥料は要らないとか言うのは嘘だ。

ちなみに白肉種なんだか、赤肉種なんだか、桃肉種なんだか、全くわからない。実が出来てからのお楽しみと言うことで… ←一体、何時になることやら(笑)

 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved