女王様の飛び地

 
 

暑いよ…

  1. 23:07:54
暑くてジャガイモが茎ごと寝てるよ…
ミョウガも葉がしおしおだよ…

日中、雷がゴロゴロ言い出したので、「こりゃあ一雨来るかな」と思ったが、来やしない。
ここいらで雨が一発欲しいところ。

でもその前に、赤タマネギと野良ニンニクを掘り出さなきゃいかん。
畝が3つもあるよ、めんどくせー…
(これでも2つは、掘り返して苦土石灰やら腐葉土を放り込んで放置中)
暑いよー…
ゆずシャーベット、食べたい…
でも買いに行くのも面倒臭い…

 
 
 
 

こんなに暑いのに、猫は毛皮を着ていても元気だ…

  1. 21:49:15
小惑星は地球の脇を掠め、無事、離れていきましたとさ。
そんなことはお構いなしに、この暑い中、ジャックは元気そうだ。
久々のジャックの写真だ。←背後からだけど
20110629-ジャック
勿論、近付くと逃げるので望遠さ…
正面なんて、回らせてくれない。

あと、ジャックは「クロちゃん」と呼ばれていて、女の子で、去勢済みだと言うことを聞いた。
だけどへんこなので、あえてジャックと呼び続ける。
何故ならウチで、「クロ」はブチオさん(黒猫)のお母さんの名前だからだ。

いい加減、触らせろーーーっ!!
一緒に、焼肉喰おうぜ。

 
 
 
 

小惑星「あそびにいくヨ!」

  1. 23:53:55
明日、日本時間の午後2時頃、なんか小惑星が地球の傍を通るらしい。そんなことをNASAが書いていた。

脇を通るのは、2011MDって奴なんだけどね。
(なんと発見は今月の22日だそうだ)
小惑星と書くとデカそうに思うが、なんてことは無い5〜20mほどの岩だ。←それでも近付いた時には、安い望遠鏡でも見えるらしい
そんな岩でも地球に落ちると非常にマズイわけだが、どうやら今回は落ちないらしい。良かった良かった。

どーでもいいが、こいつは「妖星ゴラス」よりも、「アルマゲドン」で落ちてきた小惑星よりも、ずっと小さい。
現実ってそんなもの。
まぁ、このクラスなら、ゼウスミサイルは要らんよ。
ウチのコらなら、どれでも楽勝だ。(含むハチローマシン)

普通、小惑星ってのはアステロイド・ベルトあたりをうろうろしているが、たまーに地球の傍を通る奴がいる。そいつのことを地球近傍天体(NEO)と言う。
今回の奴もソレだ。←6年に1回は似たことが起こる

どこぞのNEOは、二度と戻ってくることはありませんでしたとさ。
めでたしめでたし

 
 
 
 

梅雨?

  1. 23:55:49
確かに曇ってはいるが、雨が降っていない。
台風は何処へ行ったんだ? 
知らない間に温帯低気圧になって、日本に雨をもたらさなかったな。
そもそも5号の癖にメアリーと言う空気の読めて無さ。
4なら中国語で「スー」
つまり、メアリー・スーになったのに。残念な奴だ。←それを言っても仕方無い(笑)

それにしても暑いので、ミニトマトにゴーヤ、キュウリが本気を出しつつある(笑)
ああ、バジルも紫イモも元気だ。
しかしジャガイモが寝かかってきている。
…そろそろだもんな。

そして人間もまた、へばりつつある。
困ったもんだ。

 
 
 
 

初キュウリ、採ったどーっ!!

  1. 23:22:35
ここのところの暑さで、キュウリがぐんと育ってきた。
20110626-キュウリ
(キュウリの下にあるのは、広告を使って作ったナメクジトラップ)
見ての通り、大きくなって地面に付きだした。このままではナメクジ他に喰われる可能性もあるので、今日、採ることにした。
ナメクジに大きくならない間に3本喰われたので、これが今年の初キュウリだ。

示相化石とびわとキュウリの大きさ比較
20110626-キュウリの大きさはこれくらい
人様んちのキュウリを、便座とかチュロスとか言っていたので、これなら面目を保てたぞ、と(笑)←ヒドイ奴だ

今晩は麻婆豆腐だったので、キュウリは土佐酢のようなものを作って、絡めて、酢の物になりましたとさ。うまうま

 
 
 
 

びわの女王様とお呼び!!

  1. 21:08:09
なんか面白いことになっている。
ここのブログの趣味ってカテゴリーのアクセスランキングなんだが…
20110625-アクセスランキング
まあ理由は判っているんだよ。
この時期だから「びわジャムの作り方」で検索して辿り着いているらしい。
ちなみに去年の1.7倍くらいのアクセス数だ。どーでもいいけど。

それで苦情が一つもきいてないってコトは、そーゆーコトなんだろう。
最も、質問も「良かったです!!」も無いけどな(笑)

あ…
昨日作ったジャムなんだが、味見するのを忘れていた。
まぁ自分が喰うんだし、ま、いいか。

 
 
 
 

当然、今年も作っています。びわジャム

  1. 22:27:27
もんじゅの抜き取り作業が無事終わり、世界の平和は守られた。うむ、いいことだ。
福井新聞のHPにあったニュースには、原子力機構の言葉として、"「次はない」という緊張感が現場に重くのしかかった。"としっかり書いてある。
そう、もんじゅどころか日本、いや北半球は、一歩間違えれば「次はない」状態だったのだよ。

さて、そーんな危機は去ったので、びわも色付いてきたことだし、晴れも続いたことだし、毎年恒例のびわジャム作りをすることにした。
これが今年のジャムになる、獲りたてのびわだ。(鍋は20cm)
20110624-これから煮込んでジャムにするビワ
びわの総量   2.01kg
 果肉+果汁  1.54kg
 皮+種        470g

あり?
去年の方が総量が300gくらい多いのに、今年の方が果肉+果汁が多いぞ。ここしばらく雨らしい雨が降っていないので、皮の水分が少なくなっていたのだろう。
更に今日は暑かったので、獲りたてのビワが生ぬるい(笑)
(この写真のびわが山盛りになった鍋に指を突っ込むと、もわ〜〜っとしているんだぜ)

※家庭の場合、朝獲りと夕方獲りなら夕方獲りをお勧めする。しかも晴れた日の。
理由は簡単。
晴れた日の夕方なら水分が飛んでいるので、その分、煮る時間が少なくて済む。曇りの日でもそれなりに飛んでいるだろうし。
雨の日は好きにしてくれ。

さて、これを1時間半かけて皮を剥いた。
やはり晴れていたので、垂れる果汁が去年よりも少ない。
そして砂糖を1kgくらい放り込んで、今、煮込んでいる最中だ。
たまーに、アクを取りに行く。

ウチで作るジャムに砂糖が多いのには理由がある。
 1.ダイエットなんて関係無いし
 2.今、大量に作っておいて一年間かけて消費する。←本来の保存食としてのジャム作り

お陰で、ジャムを購入することは殆ど無い。
(でも、たまに飽きる)
そんなワケで、今年も、もう1回作るぞ。

◆びわジャムを作る(レシピあり)
◆びわジャムを作る(補足)
◆びわ ビワ 枇杷 ジャム(更に補足)
◆びわの種酒(ジャムの残りの種で作る、レシピあり)
◆ジャムの保存のコツ
◆びわについての予備&不要知識
◆庭で採れたびわでジャムを作る時の注意?
◆果汁たっぷりのびわでのジャムの作り方
◆かもされた〜 カビの生えたジャムの対処方法
◆今年もびわジャムを作った(ちょっとしたコツあり)

 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved