女王様の飛び地

 
 

豪華な鯉のぼり(涙目)

  1. 23:34:56
外人さんが、あの鯉のぼりの絵を「Cool!」と褒めてくれた。

でも褒めてもらってなんだけど、
個人的には「Gorgeous!!」は違うと思う(笑)
だって「豪華!」って意味ですぜ。

あの鯉のぼりは、フツーの鯉3匹バージョン。
5匹バージョンこそが値段の高い鯉のぼり。
そして家紋や金太郎が付いているバージョンこそが、高級品。

…多分、文化の差に助けられているだけだろうな(笑)

 
 
 
 

やはりミニトマト!!

  1. 23:59:02
やはりミニトマトもあったほうがいいよね。
と言うことでミニトマトだ。
ミニトマト-20100229

場所的な問題で、調理用トマトを悩んでいる。

嗚呼、
水耕栽培で、1万個の実を付けさせてみたい… ←可能な技術です

 
 
 
 

♪富士山より高い 鯉のぼり〜

  1. 21:14:16
♪富士山より高い 鯉のぼり〜

いつまでも桜が満開と言うのもなんなので、HPの絵を変更した。
ちょっと凝ったような気がする絵だ(笑)

かしわ餅を持っているけど、どらは食べない。食べられない(笑)

 
 
 
 

ホーキング博士、遅いです!!

  1. 23:23:07
先日、スティーブン・ホーキング博士は言いました。
「宇宙人と接触するな」と。

理由は、
「地球生命の免疫系に致命的な損傷を与える可能性がある。それは例えば、コロンブスが新大陸(アメリカ)に到達した時に、北米先住民の免疫力が弱く全滅した状態を再現することになるだろう」

しかし、被害を被ったのは、先住民達だけではない。
エロいことをして、梅毒を船乗り達が、各地にばら撒いたんだっけ。

もし接触することがあったとしたら、下半身に自制心がある宇宙人であることを望みたいもんだ(笑)
…とは言え、プレデターも困りもんだが。

そして日本の総理大臣は、自称宇宙人なんですが…
やれやれ。


ちなみにむかーし、ホーキング博士は筋萎縮性側索硬化症で、あと数年の命だテレビは言っていた。
「長生き出来ないんだ」と呟いていた母親の方が、先に亡くなりましたとさ。

世の中ってそんなもの。

 
 
 
 

JAXAを仕分ける者に××あれ!!

  1. 23:43:09
自粛してお送りしております(笑)
一応、情報センターを犠牲にして、生き残ったらしい。
子供手当て目当てで、50人の子供を養子するような奴に金をくれてやるくらいなら、JAXAに金をやれーーーっ!!
つっーか、本当に仕分けをしなければならない人物がいるだろうに。
ルーピーとか、それを汚縄とか…

そんなワケで生き残り記念にコレを貼る。
くどいと言われてもいい。あのネタだ。

ニコニコ動画
1より2の完成度が上がっている。

ニコニコ動画

でもここに来る人には、こっちの方が馴染みがいいかもしれん(笑)

ニコニコ動画

 
 
 
 

リベンジ、ハバネロ!!

  1. 16:24:54
去年はハバネロの実は出来て、40〜50個の実も成って辛かったが、何故か赤くならなかった。
と言う訳でリベンジだ。

これが昨年の11月、我が家で成った実の種から発芽したハバネロ。言わばハバネロ2世だ。
※茶色い棒は添え木だ。
ハバネロ -1-

で、こっちが買ってきたカネコ種苗のハバネロ。新参者だな。
※前回と同じ種苗会社だ。
ハバネロ -2-

並べてみると…
ハバネロ -3-

露骨に大きさがちがーう。
話によるとババネロの業者は1月に種を植えるらしい。
ってことは何かい?
ハバネロ2世をずーっと置いていた我が部屋は、種苗会社のハバネロの温室よりも寒いってことかい?
言い換えれば、ハバネロの温室ってところは、人もぬくぬくで暮らせる場所ってことかい?

なんか悲しい…

 
 
 
 

ちょっと困った夢をみた

  1. 12:30:10
常勝寺の隣の家に、嫁入りした夢をみた。
そんな場所に住んだら、うっとおしいだけじゃないか。
視える人なんだから(笑)
個人的には神社の方がいい。

ダンナとなる人はイケメンで性格も良さそうだったので、それはOKだ。
ただ、シンジョウ(字は不明)と言う苗字になったので、
長男の名前をショウにするべきか、スバルにするべきなのか悩む(笑)


で、ついでにぐーぐる先生に常勝寺のことを尋ねてみた。
…どうやら幾つもあるらしい。
ご本尊が観音さまだったので、絞り込んでみる。
やっぱり幾つかあるようだ。

一番上に出てきたのは、兵庫の常勝寺。
やだ、あそこらへんは寒いんだよ。
しかも大阪まで出るのに時間がかかる。

次が会津の常勝寺。
やだ、あそこらへんも寒いんだよ。
しかも東京まで出るのにそこそこ時間がかかる。
でもシンジョウさんなら、仕方無い(笑)

 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved