女王様の飛び地

 
 

新幹線の駅が

  1. 00:00:00
 いやあ、全国版でのニュースでも取り上げられた、あの栗東新駅建設が中止になりました。
「当然の結果だ」
 と、某キヤラのセリフをそのまま言ってしまいましたとさ。

 何処が便利なんだよ、栗東新駅(仮称南びわこ駅)。地元では、みーんな不便なことが見えていた。
 そもそも栗東新駅に止まる新幹線は1日10本。
 それに栗東新駅と在来線の栗東駅は、名前が違う様に、別の駅。直結はしていない。位置的には2kmちょい離れている。そんな訳で、乗り換えるとなるとバス移動しなきゃならない。しかも滋賀はバス料金が高い。この距離なら、4〜500円取られる。さらに乗り換えの時間を考慮して、最低でも30分〜1時間くらい早めに家を出なきゃならない。
 しかも止まる新幹線はこだま中心だから、
     自宅→最寄の駅→栗東駅→栗東新駅→(こだま乗車)→目的地の新幹線の駅   よりも、
     自宅→最寄の駅→米原駅or京都駅→(ひかり乗車)→目的地の新幹線の駅     の方が断然早い。
 こだまからひかりに乗り換えるとしても、それは京都駅か米原駅になってしまう。するとまた乗り換えの時間が掛かってしまう。

 つまり、栗東新駅を使うとなると、今まで通りの米原駅or京都駅乗換えに比べ、余計な乗り換え回数が増える分、時間やお金も余計にかかってしまう。更にバスへの乗り換えの為に、荷物を上げ下ろししなきゃならない。と言うワケ。
 これで中部国際空港からしか出ていない国際線の飛行機に乗る為に、スーツケースを持って移動なんて、誰がするもんか。荷物を持って、乗り降りする回数は減らしたいのが人情ってもんだ。

 大体、新幹線の駅が出来ただけで街が発展するならば、米原駅はもっと発展しているって。
 あそこは東海道線の一駅だけども、北陸本線の終着駅で、かつ、新幹線と在来線が直結している駅だ。ついでに、北陸から名古屋に向けての特急しらさぎだって止まる駅なんだよ。それでも、10階建てのビルは未だに皆無だぞ。駅前にホテルもないんだぞ。


 かつて滋賀は、空港。しかも国際空港を作ろうとして、頓挫したことがある。
「宇宙港だったら賛成したのに」と思ったのは、ここだけの秘密だ。
 あと、滋賀県が真剣に建設を推進していたもう一つのプロジェクト、1000mタワー。
 あれは密かに賛成だった。予定地が、揺れたらマズイ断層の脇だと言うのを知っていても。
 県じゃないけれど、西武グループが作ろうして、やっぱりこけた滋賀ディズニーワールドは、どっちでも良かった。

 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved