女王様の飛び地

 
 

泥棒に入られた…

  1. 00:00:00
 今朝のこと。

 眼が覚めてると、妙な階段を下りる音がした。
 それでも気にせず、朝食を取るべく一階に下りていった。
 すると、やっぱりガタガタ音がする。
 音の先は台所の隣。気になってそこを見ると…
 居た。
 白茶のふさふさくん。種族、ネコ。職業、確かノラネコ。
 私の記憶が確かなら、その顔付き、体形、ふさふさ度。おまえは以前居た猫のモグの親戚筋だ。そして最近、ちらほらここいら辺を歩き回っているヤツだ。
 かなりパニクっているらしく、その辺の物を蹴飛ばして、逃げ場を探している。
「待ってろ、今出してやるから」
 一応、声をかけたが、耳に入ってはいないらしい。駆け回って、少し開いてた窓を自分でしっかり開けて出て行った。


 被害…ゴミ箱の蓋やプラスティックの空の漬物等々を蹴飛ばされた。盗られた物ナシ。


 知らないネコさんに泥棒に入られたのは二回目だ。前のネコさんは知らないトラちゃんだった。まぁ、怖かっただろうから、もう入って来ないでしょう(笑)
 「ネコだったから良かったものの、人間だったらどうするんだ!」と言うのもあるけれど。

 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved