女王様の飛び地

 
 

時の流れとは…

  1. 00:00:00
 世の中に裏ページを持つ同人系ホームページは多い。
 そこで、同人誌にこそなりそこねたが、まだ昇華されていないボンノーを救うべく、裏ページを作り始めた。これが裏ページ製作プロジェクトの始まりであった。
 それ用の背景も新たに作り、そこに載せる小説なんかも掘り起こすべく、フロッピーを取り出した。
 何しろ、世に出なかったほのぼのとか、えっちぃものとか。ジャンルはバラバラだが、小説や漫画は山のよーにある。つまり載せるモノには事欠かないと言うことだ。
 にやりと笑みを浮かべながら、取り出したフロッピーをフロッピードライブに差し込んだ。
 そして画面に現れたのは…
 「このフロッピーはフォーマットされていません」
 いや、そんな筈は無い。これにはボンノーが溢れん限り、詰まっている筈だ。フロッピーを間違えたのか?
 そこで取り出しては、別のフロッピーを差し込む。だが、表示は先程と同じ物。
 何故だ! そんなことはある筈が無い!
 次から次へとフロッピーを変え、放り込んでみるが、どれも表示は同じ物だった。
おかしい。明らかにおかしい! 機種は間違えていない。ちゃんと保存した機種用のフロッピーを挿入している筈だ! ちゃんとボンノーが詰まっている筈だ!
 ふと、我に帰る。そして嫌な知識が思い出されてしまった。そこでこのフロッピーをノートン先生に診ていただくことにした。
 先生は優秀だった。すぐに問題点を指摘してくださった。
「このフロッピーは壊れています」
 …そうだった。フロッピーの寿命は短かったのだ。このボンノーの限りを詰め込んだフロッピーは、総べて寿命を向かえ壊れていた。つまり読み取り不可能となっていたのだった。
 なんたることか。時の流れがボンノーの具現化に鉄槌を下していたとは。よもやこの小さきディスクの中に封印されてしまっていたとは、全く予想だにしなかった。
 ふと… 「今年のボンノー、今年のうちに」と言う言葉が頭を過った。
 …そして総べての努力は、徒労に終わってしまったのだった。
 よって、裏ページ製作プロジェクトは頓挫せざるを得なかったのである。

 …だがもし、脳みそから引き出せることがあったとしたら、このプロジェクトは再開されるかもしれない。

 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved